種 蒔 手 帖

<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | -

パンやの くまさん

フィービ と セルビ・ウォージントン


  


   パン屋のくまさん。
   じぶんの1日を たんたんと暮らす。
   その暮らしぶり ちょっとかっこいい。
   
   まじめにパンを焼き、売る、
   あいまには、
   ちいさな楽しみをはさんで。
   近所の子どもに飴をあげたり。   

   こんなリズムの暮しは
   くまさんをつよくやさしくするんだろう。

   





    早起きして、かまどに火を入れ、
    熱くなるのを待ちながら、
    朝一番のお茶を飲むくまさん。




   家具や道具に小物、 
   隅々にまで 暮らしぶりが見える。


   あぁくまさん、弟子にしてください。

絵本 | permalink | comments(0)

ジャリおじさん

おおたけしんろう










       



   ぐぉ〜〜。。。
   なんじゃこれ〜。
   おもしろい絵じゃな〜。

   表紙に
   ぐっと惹かれて読んでみたら
   中も、期待をうらぎらん。
    
   味わい深い絵。

   ジャリおじさんの海の家がとても素敵。
   空も、星座も、道も!

   不思議なジャリ言葉にも、はまる。

   「このみちは どこへ いくのじゃり」
   「やまみちの かぜは きもちいいじゃり」
   「もう へとへとじゃり」
   
   鼻先から毛をたらした
   へんちくりんなジャリおじさん、
   えもいわれぬ魅力に、やられる。
   

   おおたけしんろうさん、
   こんなものを描ける人もただものではないと思う。
   現代美術の旗手って、やっぱりすごいんじゃな。


   
絵本 | permalink | comments(0)

クウネルがゆく

坂崎千春


なるべく かうまい と
呪文をとなえつつ 
発売早々本屋に入る。

クウネルくん劇場ネットで見れるしね。

だけど 枕元でクウネルくんを読めば
どんな夜も すやすや寝れるだろうよ。
おまけのシール 窓に貼ったらいぃじゃろな。

本を持って 置いて。
息を吸って 吐いて。

ん〜っ。


クウネルくん。
きみには負けたよ。



カバーの下が
またかわいい。





                    窓のそとは
                    草ボ〜ボ〜。



絵本 | permalink | comments(0)