種 蒔 手 帖

<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | -

<< ゆっくりさよならをとなえる | main | 君のいる場所 >>

雪渡り  より

宮沢賢治   


雪がすっかり凍って大理石よりも堅くなり、
空も冷たい滑らかな青い石の板で
出来ているらしいのです。
        *
木なんかみんなザラメを掛けたように
霜でぴかぴかしています。
        *                            
こんな面白い日が、またとあるでしょうか。
いつもは歩けない黍の畑の中でも、
すすきで一杯だった野原の上でも、
すきな方へどこ迄でも行けるのです。
平らなことはまるで一枚の板です。
そしてそれが沢山の小さな小さな鏡のように
キラキラキラキラ光るのです。






♪ 冬の音 | permalink | comments(0)

スポンサーサイト

- | permalink | -

この記事に対するコメント

コメントする