種 蒔 手 帖

<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | -

<< 君のいる場所 | main | エプロンメモ >>

ぼくがつ ぼくにち ぼくようび

荒井良二





いま、うちにはこの本が2冊ある。     
図書館のと、買ったばかりの。

本は、はじめ、図書館でかりて読む。

そして、後になって、
「また、読みたい。ずっと、読みたい。」と
なったら、一生モノとして我が家にお招きする。
             
おもしろく読んで、満足して忘れるのもあるし、
最初は、ほどほどでも、
あとから、あとから、思い出される本もある。

これは、後者の方。

半年ほど前に読んで以来、
ふとふと想われて、うむぅぁあぁと、我が家にやってきた。

荒井さんの本には、そういう魔力がある。

「はっぴいさん」は、だいじな宝物。
「バスにのって」も、購入候補としてあたたまりつつ。ほしい。ほしい。

荒井さん、なやましすぎる。





荒井良二さん | permalink | comments(0)

スポンサーサイト

- | permalink | -

この記事に対するコメント

コメントする