種 蒔 手 帖

<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | -

クウネル




         ミモザを食べようと
         ねらう青い鳥。    →
         かぁーいー。


  クウネル2号で
  紹介された草原カフェ、
  ソーングテーブル
  ふたたび登場。

  影と光と風が
  きらきら さやさや 
  するような空気感が
  よく伝わる写真。

  お客さんごとに 似合う
  器が選ばれていたなんて
  知らなかった。

  きもちのいい すてきなカフェは
  やっぱり ひとが作るものなんだな。


  ohana の オオヤユウスケさん
  おすすめのCD3枚がとても気になる。
  沖縄・アイヌ・奄美♪


  西安の朝の公園にも、行ってみたいわー。
雑誌 | permalink | comments(0)

リンカラン  〜暮らす民芸









← はなちゃんとハナレグミのカゴ編みの旅。
                              


民藝の写真があったかい。

手仕事による実用の品々は、
いぃ空気をだすんだなぁー。
日々冷える今ごろにぴったり。


「 みちのくあかね会 」  
なんていい名前なんだろ。
いれてもらいたいなぁ。

柚木沙弥郎さんのことば。
「 使い続けていく時間も モノのデザインの一部 」
んんー。
なるほどぉー。



翆れんさんの「ガラス瓶のリサイクル」もよかった。
ビンを吟味して買おう。
1に リターナブル瓶(そのまま再利用)
2に 透明の瓶(再生しやすい)

しまおまほさんが
「私が総理大臣だったら、『絶対に戦争に参加しま宣言』をして、
アメリカを京都議定書にサインさせたいです。」
と書いてた。 うむ。


ほかもいろいろ。
隅々まで、ぎっしりおもしろかった。 満足!

雑誌 | permalink | comments(6)

クウネル





  福島のおばあちゃんの
  刺し子が気に入った!
  捨てられたものを磨いて
  アートにする魔法の手。
  あこがれる。                       


  「赤福」の版画もたまらん。
  早朝の列に並び、伊勢もうで。
  あぁ。まぜてほしい。
  「伊勢詣で 一生に一度は行きたいものだ」と
  古文で習ったのは、なんだったろうか??


  カナダのおじいちゃんの暮らしぶり。
  島の風まで運んでくるようだ。
  クウネルで、あぁいい写真。。と思うと、
  写真・・・川内倫子 とあることが多い。
  物語がふくらんでみえるような。 


  富山の昆布じめ。
  おいしそう!
  おばあちゃんの言葉にやられた。
  「   とにかく何でも巻き巻きすれば、
     昆布じめになるから、
     楽しくなるがです。      」


  ん〜おもしろかった!
  
  
雑誌 | permalink | comments(0)