種 蒔 手 帖

<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | -

ないた赤おに

浜田廣介 作
nakaban 絵





ひろすけ童話の名作に
nakabanさんの絵で また出会う

nakabanさんの絵は 
おしゃれじゃのに 敷居が低い
どこか 土くさくて なつかしい

どのページも 美しゅうて
見ても 見ても 見飽きん
また 開きたくなる 
画集のようじゃ

森や村や山を たずねて 
赤おにと 青おにと であって
本を閉じたあと じんわりと 余韻が のこる



さみしい せつない 。。
底のほうで あたたかい


鬼の瞳が きれいで かなしい



対談 おにをめぐる冒険








絵本 | permalink | -

なきすぎてはいけない




ぼろぼろ泣いてしもうた
おじいちゃんっこじゃったので

祖父と一緒にすごせて
本当に よかったと思う


な い て も い い け ど
な き す ぎ て は い け な い











絵本 | permalink | comments(0)

えんにち ( こどものとも傑作集 )

五十嵐豊子 











「これから ふたりは、 えんにちに でかけます。」


兄妹が まわる えんにちに 
ついて行くように 
ページを めくる


見開きごとに 
兄妹をさがして 
あっ いたいた!
という楽しみ

そして 
脇役さんたちにも →
手抜きがなくって
おもしろい


屋台も 
いろいろ **


サボテン屋の
お姉さん 
すてきっ






脇役さんたちの
オシャレトロにも
目がおどる











ママさん ベビちゃん
かっちょいい中年夫婦




まだまだ いっぱい 開くたんびに 発見がある






1977年初版 

絶版 再版 また絶版

こういう本を 手に取れるのが 図書館の ええとこじゃなー





絵本 | permalink | comments(2)